投稿者 スレッド: 「胃がん」や「大腸がん」を追い抜き、いま「日本人」のあいだで発生率が急上昇している「がんの種類」  (参照数 171 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 58883
    • プロフィールを見る
「胃がん」や「大腸がん」を追い抜き、いま「日本人」のあいだで発生率が急上昇している「がんの種類」
https://gendai.media/articles/-/117090
https://gendai.media/articles/-/117090?page=2

以下に、日本人の間で発生率が急上昇しているがんの種類に関する文章の要約を箇条書き10個でまとめます。

日本人の間で、胃がんや大腸がんの発生率が低下する一方で、膵臓がんの発生率は急上昇している。
膵臓がんの発生率は、1985年から2020年の間に、男性で約2.5倍、女性で約4倍に増加した。
膵臓がんは、早期発見が難しいため、発見時にはすでに進行していることが多い。
膵臓がんの主な原因は、喫煙、肥満、糖尿病、高血圧などである。
膵臓がんの予防には、禁煙、適度な運動、健康的な食事、定期的な健康診断などが有効である。
膵臓がんの治療には、手術、化学療法、放射線療法などが行われる。
膵臓がんの治療は、進行度によって異なる。
膵臓がんの治療成績は、他のがんに比べて不良である。
膵臓がんは、早期発見と治療が重要である。
膵臓がんについて、正しい知識を身につけることが大切である。
この要約では、膵臓がんの発生率の増加、原因、予防、治療などについてまとめました。なお、この文章は、あくまでも筆者の意見であり、他の意見も存在する可能性があります。

以下に、膵臓がんの発生率増加の要因をまとめます。

喫煙:膵臓がんのリスクを2倍以上高める。
肥満:膵臓がんのリスクを1.5倍高める。
糖尿病:膵臓がんのリスクを2倍高める。
高血圧:膵臓がんのリスクを1.5倍高める。
これらの要因を予防することで、膵臓がんのリスクを低減することができます。