投稿者 スレッド: 「タバコ消費量」が減っているのに「肺がん」の死亡率が上がっているのは本当か  (参照数 176 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 58883
    • プロフィールを見る
「タバコ消費量」が減っているのに「肺がん」の死亡率が上がっているのは本当か
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/ddad5709306ff6f9d70f56ea1a8a82a266ee8a8e

以下に、タバコ消費量が減っているのに肺がんの死亡率が上がっているのは本当かに関する文章の要約を箇条書き10個でまとめます。

タバコ消費量は、1970年以降、急速に減少している。
一方で、肺がんの死亡率は、2000年以降、上昇傾向にある。
この現象は、日本のみならず、世界各国で観察されている。
タバコ消費量の減少が、肺がんの死亡率の上昇を完全に説明することはできない。
喫煙以外の要因として、加齢、大気汚染、遺伝的要因などが考えられる。
加齢は、肺がんのリスクを高める最も重要な要因である。
大気汚染は、肺がんのリスクを高める可能性がある。
遺伝的要因は、肺がんのリスクを高める可能性がある。
喫煙以外の要因を抑制することで、肺がんの死亡率をさらに下げることができる可能性がある。
喫煙対策と並行して、加齢、大気汚染、遺伝的要因への対策を強化することが重要である。
この要約では、タバコ消費量の減少と肺がんの死亡率の関係についてまとめました。なお、この文章は、あくまでも筆者の意見であり、他の意見も存在する可能性があります。

以下に、タバコ消費量の減少が肺がんの死亡率の上昇を完全に説明できない理由をまとめます。

タバコ消費量は、肺がんのリスクを高める主な要因であるが、唯一の要因ではない。
喫煙者の数は、タバコ消費量の減少に伴って減少しているが、ゼロにはならない。
喫煙者は、非喫煙者に比べて肺がんのリスクが非常に高い。
喫煙以外の要因を抑制することで、肺がんの死亡率をさらに下げることができる可能性がある。