投稿者 スレッド: 元国税調査官が激怒。天下の悪税「消費税」の真実と、財務省がついた大嘘の数々  (参照数 184 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 58883
    • プロフィールを見る
元国税調査官が激怒。天下の悪税「消費税」の真実と、財務省がついた大嘘の数々
https://www.mag2.com/p/news/584551

以下に、元国税調査官が激怒。天下の悪税「消費税」の真実と、財務省がついた大嘘の数々に関する文章の要約を箇条書き10個でまとめます。

元国税調査官の佐藤和男氏は、消費税を「天下の悪税」と断じている。
消費税は、国民の生活を圧迫し、経済を停滞させる悪影響があると主張している。
消費税は、本来は社会保障の財源として導入されたが、実際には財政赤字の穴埋めに使われていると指摘している。
消費税は、国民の負担を軽減する効果はほとんどなく、むしろ経済を悪化させていると主張している。
消費税は、財務省が国民を騙して導入した悪税であると断じている。
財務省は、消費税導入の際に、国民の負担を軽減する効果があると嘘をついた。
財務省は、消費税の導入によって経済が成長すると嘘をついた。
財務省は、消費税の導入によって社会保障が充実すると嘘をついた。
財務省は、消費税を導入しなければ日本は破綻すると嘘をついた。
消費税は、国民を騙して導入された悪税であり、早急に廃止すべきであると主張している。
この要約では、元国税調査官の佐藤氏の主張をまとめました。なお、この文章は、あくまでも佐藤氏の意見であり、他の意見も存在する可能性があります。

以下に、佐藤氏の主張を補足します。

消費税は、国民の可処分所得を減少させ、消費を抑制する。
消費の減少は、経済の成長を阻害する。
消費税は、富裕層の負担が軽く、低所得層の負担が重い。
消費税は、社会保障の財源として機能していない。
佐藤氏の主張は、消費税の悪影響を懸念する多くの人々から共感を得ています。