投稿者 スレッド: グラフィックデザイン用プログラミング言語「Processing 1.0」  (参照数 479 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 36812
    • プロフィールを見る
グラフィックデザイン用プログラミング言語「Processing 1.0」
« 投稿日:: 11月 15, 2012, 05:51:56 pm »
グラフィックデザイン用プログラミング言語「Processing 1.0」
http://www.symphonic-net.com/pasopia/processing/index.html

グラフィックデザイン用プログラミング言語「Processing 1.0」がリリースされました。以前はベータ版がリリースされていました。
動作環境はWindowsとMac OS X、およびLinux。
ライセンスにはGNU GPL / LGPLを適用、オープンソースソフトウェアとして無償公開される。

Processingは、電子アートおよびグラフィックデザインを目的としたプログラミング言語。
Javaベースの実行環境と簡易IDE (sketchbook) によるプログラミング環境です。プログラミング言語の文法やAPIの用法に精通していなくても、高機能かつ高速なグラフィックアプリケーションを短いコードで記述することができます。
付属のエディタを使用し、対話的に描画を行うこともできます。ホームページjavascriptとしてアップすることも出来るし、exeファイルとして自分のパソコン上でも使うことが出来ます。東京工科大学、玉川大学なんかはCGプログラミングの
講座として利用しているようです。ちょっとプログラミングをして遊んでみませんか?これは簡単な言語です。またお絵描きが出来る楽しい開発環境です。

Processingを使ったプログラム例1
http://www.symphonic-net.com/pasopia/processing/applet1/index.html
Processingを使ったプログラム例2
http://www.symphonic-net.com/pasopia/processing/applet2/index.html

本家サイトからダウンロードが出来ます。(圧縮ファイルを解凍するだけで使えます。レジストリの変更はしません)
http://pripro.org/


2008年度2年前期 CG制作技法の基礎 (Proce55ing入門)(東京工科大学)参考
http://www.teu.ac.jp/media/~kondo/processing/index-exercise.html