投稿者 スレッド: 日本名婦伝 6巻分合本版  (参照数 68 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 37122
    • プロフィールを見る
日本名婦伝 6巻分合本版
« 投稿日:: 7月 30, 2020, 10:02:42 pm »
書名:日本名婦伝 6巻分合本版
著者:吉川 英治
発行所:講談社
頁数:163頁
定価:0円 Kindle版

日本名婦伝と言う名前の本はいろいろあって、山本周五郎、徳富蘇峰(号で、
本名は猪一郎)なども書いている。赤穂浪士の小野寺十内の妻、源義経の恋人
静御前、豊臣秀吉の太閤夫人、明治政府軍の谷干城夫人久満子、楠木正成の大
楠公夫人久子、細川忠興の細川ガラシヤ夫人の全6話を収録。

歴史上の偉人の妻たちの短編集。英雄たちの偉業には必ず内助の功があった。
楠木正成の妻、久子。夫を始め我が子を次々に戦で失うが、涙を見せずに気丈
に振る舞う。その姿に心を打たれずにはいられない「大楠公夫人」。豊臣秀吉
の正室寧子(ねね)。猿と言われ当時は身分も低く貧しかった藤吉郎。しかし
そんな藤吉郎に惹かれ嫁ぐ。やがて藤吉郎は頭角を現わし出世する。秀吉は浮
気をするがねねは生涯秀吉に尽くす。ねねの人柄がしのばれるエピソード「太
閤夫人」。
この内助の功というのは今の現代人には嫌われるかも知れないが、しっかりと
夫を操縦しているしたたかな女の姿がある。短文の中にキラッと光るものがあ
る。

日本名婦伝 - 国立国会図書館デジタルコレクション(徳富猪一郎)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1177632
下がり続ける日本人の読解力。「読みやすい本」に潜む脳への悪影響とは
https://hbol.jp/224851?cx_clicks_art_mdl=2_title