投稿者 スレッド: 裏を見せ、表を見せて散る紅葉  (参照数 196 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 30735
    • プロフィールを見る
裏を見せ、表を見せて散る紅葉
« 投稿日:: 12月 14, 2017, 09:54:49 pm »
裏を見せ、表を見せて散る紅葉  良寛
自分のいいところも、わるいところも、かざらずすべて見せてきたから思い残すことはない。人間死ぬるときは、うそもまこともなく、自然に還って散って行くものじゃ

かたみとて何かのこさむ春は花 夏ほととぎす秋はもみぢば

いきしにのさかひはなれてすむ身にも さらぬわかれのあるぞかなしき   貞心
裏をみせおもてをみせて散るもみぢ    良寛
「生き死にの 界はなれて 住む身にも さらぬ別れの あるぞ悲しき」

最後に貞心尼が「くるに似て かへるに似たり おきつ波」と和歌の上の句を書いて示すと、良寛は、
「あきらかりける 君の言の葉」と下の句を加えた。