投稿者 スレッド: ジェミニの方舟 東京大洪水  (参照数 296 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 37115
    • プロフィールを見る
ジェミニの方舟 東京大洪水
« 投稿日:: 3月 01, 2013, 05:43:23 pm »
書名:ジェミニの方舟
   東京大洪水
著者:高島 哲夫
発行所:集英社
発行年月日:2008/7/30
ページ:396頁
定価:1900 円+ 税

 日本防災研究センターに出向中の玉城孝彦は、「荒川防災研究」をまとめ、次
の学会発表するする事になっていた。「荒川防災研究」は、荒川周辺は0メート
ル地帯が多く、仮に大型台風などで堤防が決壊した場合、東京の1/3が水没す
る大きな被害を蒙ると警鐘していた。

 玉城の妻はこの荒川のスーパー堤防のそばに建設中の高層マンション「リバー
サイド・ビュー」の設計責任者だ。そんなおり大型台風23号が発生し、玉城と同
僚の木下が開発した台風シミュレーションによると、日本に上陸する可能性を示
していた。

玉城は気象庁に連絡するのだが、最初は誰も取り合ってくれない。結果的に台風2
3号は日本には上陸せず太平洋に去っていくのであるが、途中で新たに発生した台
風24号と合体して巨大な台風「ジェミニ」となって再上陸の軌道へ。無断で横浜
の「地球シュミレーター」を借用してシュミレーションした結果は、東京へ上陸
すると。

台風「ジェミニ」は勢力を拡大しながら東京接近してきた。荒川の決壊は時間の
問題に、建設中の高層マンション「リバーサイド・ビュー」には地域住民の避難
所に。荒川決壊、隅田川決壊、地下鉄の水没の危機それに立ち向かう玉城、妻の
活躍。また玉城の家族を描く。