投稿者 スレッド: VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしてみました。  (参照数 199 回)

admin

  • Administrator
  • Hero Member
  • *****
  • 投稿: 36641
    • プロフィールを見る
VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしてみました。
http://pasopia.velvet.jp/nota2/nota/?20150211161641


私の使っているノートパソコン(レノボR400)Winodws8.1に仮想環境Oracle VM VirtualBoxを使って「Windows 10 Technical Preview」をインストールを試みましたが、何回やってもダメで、原因が何かよく分からないのですが、今回仮想環境VMware Playerを使ってチャレンジしたところ旨くいきました。(仮想環境Oracle VM VirtualBoxでもubuntu、androidはインストール出来ます。)

下記のページを参考にWindows8.1にVMware Playerをインストールする。これは簡単に完了。そしてVMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」の日本語版32bitをインストールする。これはノートパソコンが非力なので、RAM1GB(最低)でも動くOS(32bit版)にした。
「Windows 10 Technical Preview」をisoファイルとマイクロソフトからダウンロードして下記のページに沿ってインストールする。(これはDVD版等と同じ)マイクロソフトアカウントが必要。

VMware Player ダウンロードとインストール方法
http://www.infraeye.com/study/linux1.html
VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしよう!
http://shopdd.jp/blog-entry-1236.html

Windows 10 Technical Previewの起動は少し遅いけれど、起動してしまうと意外と速い(RAM2GBを割り当ててみた)まだ日本語版はリリースされたばかりなのでバグもいろいろあります。また使い勝手も慣れていないこともあって少し戸惑う。でもWinows8.1よりは格段に使い勝手が良い。
無償のofficeも入れてみましたが、日本語IMEが対応していないので日本語は無理。その他日本語のアプリケーションは問題なく動作しています。vix、jtrem等。